2010年02月20日

サポートブックセミナーのお知らせ(補足)

サポートブックセミナー1.jpg


先日メンバーのみなさんには上記のチラシをお渡ししましたが、セミナーの準備を進めて行くうちに、今回作成したいと考えているサポートブックの本当の目的について、このチラシではお伝えしきれていないのでは・・・と思うようになってきました。
というわけで、少し補足させていただきたいと思います。

今回作成するサポートブックは、一般的に使われているサポートブックとは少し違います。
もちろんその役割も果たしますが、基本的にはお子さんの成長など様々な情報を1冊にまとめおくファイルだと思ってください。
基本的にこのファイルは保護者が管理し、園や学校などの支援者には必要な部分だけを抜き出し、コピーしてサポートブックとして渡します。

お子さんの特徴や支援方法など、一般的なサポートブックに掲載されている内容に加え、保護者の願いや目標など個別の支援計画の要素や、各ライフステージを繋ぐために必要な情報を掲載しています。
そして、このサポートブックは今回作っただけで終わりではなく、情報を追加していくことで、お子さんの成長の記録となります。
記録の追加も、なるべく簡単にできるように工夫し、次のライフステージに移る際に新しくサポートブックを作る作業を軽減できるよなものになっています。
また、母子手帳や、診断や検査結果、通知表などお子さんに関する情報を一緒にファイリングすることもできます。

福祉サービスを利用する際や障害年金の手続きの際に、お子さんの小さい時の発育の様子を聞かれることがあり、何も残っていなくて困ったというお母さんの話を聞いたりします。
そんな時お子さんの様々な情報が1冊にまとめられていたら助かりますよね。

なんとなくイメージしていただけましたか?
大人になるまでずっと使えるファイルです。入園、入学を控えた方に限らず、様々な年齢のお子さんをおもちの方に参加していただけます。
メンバー以外の方の参加も大歓迎です。

    ひらめき参加の申し込みはコチラ⇒申し込みフォーム
posted by りゅうママ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ番組のお知らせ


  《報道発 ドキュメンタリ宣言》  【メ〜テレ】

          健ちゃん ヨーイドン!
      〜松野明美 ダウン症のわが子を抱いて〜


     【放送日】 2月22日(月) 午後7:00〜7:54 
 
   元マラソンランナーでタレントの松野明美さん。
   テレビで見せる、底抜けの明るさ。
   その陰で誰にもいえない「秘密」がありました。
   次男の健太郎くん(6歳)ダウン症です。
   しかも、重い心臓病を患って生まれてきました。
   かつて、松野さんは最愛の息子の存在をひた隠しにしてきました。
   「明るいイメージの私が崩れてしまうと。。。」
 
   他の園児に比べて体はひと回り小さく、言葉もまだ話せません。
   それでも、よく笑い、遊び、次第に成長していく健太郎くん。
   そんな健太郎くんの入園を機に、松野さんには一つの決意が
   ありました。
   それは秋に開かれるマラソン大会に親子で出場すること。
   距離は数キロ程度ですが、体力が不足し歩くこともままならない
   健太郎くんにとっては、無謀とも思える挑戦です。

   マラソン大会へ向けて、親子で練習に取り組む日々。
   走り方さえ知らない健太郎くんのために松野さんが考えた、
   独自のトレーニング方法とは!?
   走る距離が徐々に延びて、喜び合う親子!
   しかし、そんな二人を新たな病魔が襲う…。
   ついに訪れるマラソン大会当日。
   幾多の試練を乗り越えてスタートラインに立った親子には、
   誰もが想像しなかった“奇跡”が待っていました。
   健太郎君が初めて言葉を口に!!

   番組では、マラソン大会までの8カ月に完全密着。
   生後間もない健太郎くんが、重度の心臓病と闘う当時の入院映像、
   松野さんの献身的な看護の映像も随所に織り交ぜていきます。
   果たして、マラソンを通じて伝えたい母のメッセージは、
   ダウン症の我が子へ届くのか!?

   「健ちゃん、ヨーイドン!」。
   ダウン症の息子と歩む、笑いと涙の日々です。


  ひらめきHPはコチラ⇒ テレビ朝日 報道発 ドキュメンタリ宣言
     *予告編の動画が見られますよ〜   


是非ご覧くださ〜い!
posted by りゅうママ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

2月の定例会

《 第49回定例会 》

 ★【日 時】 2月19日(金) AM10:30〜PM3:30ごろ

 ★【場 所】 にぎわい交流館 会議室B・C 
   
    
 ★【内 容】
     @勉強会 『日中一時支援事業について』
        
       特別な事情がなくても、保護者の一時的な休息のために
       お子さんを預かってくれる日中一時支援事業。
       うまく利用して、リフレッシュしましょう。
      
     A談話会         
       近況報告や、就園就学についてなど、なんでも気軽に
       お話しましょう  
         

 お気軽にご参加くださ〜い^^
posted by りゅうママ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジネンカフェ

『ジネンカフェ』はNPO法人まちの縁側育み隊がノーマライゼーションの考え方を主に、現代の時代性の中で障がい者も健常者も自分らしく生きているか、自分らしい生き方とは何か、社会がいかにあれば自分らしく生きられるかを考え、気づきあうことを目的に行っています。
『ジネンカフェVol.018』ではじゃんぐるじむ代表のがっちゃんママがゲストスピーカーとしてお話しするなど、じゃんぐるじむとしても参加させていただいていました。
詳しくはコチラ

そして今回お知らせする『ジネンカフェVol.036』は拡大版で、がっちゃんママがパネラーとしてパネルトークに参加します。

 《ジネンカフェVol.036》 

     【日時】 2月21日(日) 11:30〜16:30

     【会場】 名古屋市総合社会福祉会館 7階大会議室
      
     【内容】
      11:30 出張くれよんカフェ&ふるもとゆうこミニコンサート
      13:00 はじめの言葉
      13:05 パネルトーク
       「多様なる個性を認めよう! 豊かな社会をめざして」
     ≪パネラー≫
      ・Miho氏
        (NPO法人まちの縁側育くみ隊会員)うつ病当事者
      ・賢ママ氏
        (日本自閉症協会愛知県支部会員)軽度発達障がい当事者
      ・竹内由美子氏
        (じゃんぐるじむ代表)自閉症の子どもをもつ母親
      ・水野尚美氏
        (NPO法人共育ネットはんだ 代表)発達障がい児の支援者
      ・坂野尚美氏
        (名古屋大学国際交流協力推進本部特任准教授)
         社会学者/心理カウンセラー

      14:45 休憩
      14:55 テーブルトーク/発表
      16:25 終わりの言葉・連絡事項

     【会費】 1,000円

     【定員】 80名

     【主催・共催】 NPO法人まちの縁側育くみ隊
              NPO法人くれよんBOX
              かたひらかたろう

     【申込み締め切り 】平成22年2月15日

     【お問い合わせ/お申し込み】
         NPO法人まちの縁側育くみ隊 担当 大久保
         TEL/FAX:052-936-1717
         E-mail:ookubo@engawa.ne.jp

  ひらめき詳しくはコチラ⇒ジネンカフェVOL.036のご案内


是非ご参加くださ〜い!
posted by りゅうママ at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。